NEWS_VOCA展2021 現代美術の展望─新しい平面の作家たち─に選出頂きました。会期:2021年3月12日(金) 〜 30日(火)

原爆の図・丸木美術館の学芸員、岡村幸宣さんにご推薦頂きVOCA展2021に参加いたします。


出品作『来者たち』について


 本作は群像である。個々の身体は矩形という絵画の規律の中に描かれている。描く私もその規律の中にある。私の試みはそれぞれの像を隣り合わせることによって、互いがどのように呼応しうるかを、あるいはどのような軋み/異和があるのかを確めることである。規律はあるが、綻びもあり、可変性があり増殖をする。中心は無く、植物が画面を横断し、消えては現れる身体のあり方を探った。


 1996年の日本への移住以来、私は数十年振りにジンバブウェを訪れる予定であった。しかし生まれ故郷も新型コロナウイルスのパンデミック抑止のために国境を封鎖し、ジンバブウェ国民以外の入国を拒否していた。私は1986年に首都のハラレで生まれたが、当時の政府は旧宗主国のイギリスからの独立という背景もあり、国外からの長期滞在者であった両親の子に、両親がそれを望んでいたにも関わらず、私にジンバブウェの国籍を認めなかった。そのような理由で私は「外国人」として、コロナ禍の中でタイミング悪く入国する事が適わなかった。


 2020年3月以降、日本の緊急事態宣言とそれ以降の外出自粛を要請する世界の中で、私はいっそうジンバブウェの記憶を追い、ひたすらに色鉛筆を紙に走らせる日々を送っていた。私が描いたのは幼少時に出会った人々であり、日本に住むアフリカの友人たちや妹が授かった子供たちである。描く営みは昨日と今日を繋ぎ、また明日へと私を導いてくれた。毎日夜中まで描き、次の朝へと描き続けた。そのようにして今は会えなくなった人々を想い、画面の中で彼・彼女らと対峙した。私にとっての絵は他者との邂逅を願うものである。


 鬱屈とした自粛生活とは裏腹に芽吹く春の自然はおだやかで目に眩しかった。新緑は瑞々しく、菜の花の黄色は歌を歌っていた。ある時ベランダから外を見ると、アパートの庭の鬱蒼とした茂みの中で紫、薄紫、白色に小さな花を咲かせた植物の存在に気が付いた。それは紛れもなくジンバブウェ時代に家の庭で育てていた植物だった。植物の生態系は国境を超え、時空をも超えるようだった。


 かつて詩人の大江満雄は日本のハンセン病者について「癩者は来者である」と書き、未来からやってきた啓示という意味を「癩者/来者」という言葉に込めた。ハンセン病隔離の歴史にはじまり、社会は今も様々な分断(国境、信仰、エスニシティ、貧富、性差、イデオロギー等)を内在している。向こう側のいる他者と私はどのようにして出会えるのだろうか。「来者」はより鋭く、今も鮮やかに表現の底力を示唆してる。

                               


   吉國元


参考文献

木村哲也編『 癩者の憲章ー大江満雄ハンセン病論集』大月書店、2008年

木村哲也著『 来者の群像』水平線、2017年



Moto Yoshikuni About the work “Arrival”


 This work is a group portrait. The individual bodies are depicted within the discipline of a painting. I am also within this discipline. My attempt for this work is to see how each image can respond to the other by combining them or to see what kind of friction/dissimilarity there is between them. We see both a discipline and a breakdown, furthermore, there is variability and proliferation. There is no center, however plants cross the screen. I tried to explore the way how the body disappears and reappears.


 Last year I was planning to visit Zimbabwe for the first time in decades since I moved to Japan in 1996. However, my birthplace had also closed its borders to prevent the coronavirus pandemic and refused entry to all besides Zimbabwean citizens. I was born and raised in 1986 in the capital city of Harare, but the government at the time, partly because of the country's independence from the former sovereign nation of Britain, refused to grant Zimbabwean citizenship to the child of my parents, who were then long-term residents from abroad. For this reason, I was not able to enter the country as a "foreigner" in the midst of the Corona era.


 Japan declared a state of emergency and ordered people to refrain from leaving their homes after March 2020. During this period, I spent my days chasing my memory of Zimbabwe. I drew the people I met as a child, my African friends in Japan, and my sister's children. The act of drawing connected yesterday and today and lead me to tomorrow. Every day I drew until midnight and continued the next morning. In this way, I thought of the people I could no longer see and tried to confront them in my paintings. For me, painting is a way of encountering the others.


 Despite the depressing life during quarantine, the budding nature of spring was surprisingly gentle. The new green leaves were vivid and the yellow of the canola flower blossoms was singing. One day, looking out from my balcony, I noticed a plant with small purple, light purple, and white flowers in the bushes of my apartment garden. It was the same plant that I had grown in my garden at home during my time in Zimbabwe. The ecosystem of the plant seemed to transcend national borders, and even time and space.


 The poet Ōe Mitsuo once described patients of Hansen’s disease with a homonym. “Raisha (癩者, leprosy patients) are raisha (来者, literally translated ‘comers’).” They are, i.e. a revelation from the future.)” Beginning with the history of leprosy segregation, society is still inherently divided in many ways (borders, faith, ethnicity, wealth, gender, ideology, etc.). How can I encounter the others on the other side? “Raisha” (which I translated to“Arrival”) is more acute and still vividly suggests the underlying power of expression.



References

木村哲也編『 癩者の憲章ー大江満雄ハンセン病論集』大月書店、2008年

木村哲也著『 来者の群像』水平線、2017年



https://www.ueno-mori.org/exhibitions/voca/2021/?fbclid=IwAR1SHXxN4ToMD6cHGFysBO3wGr4EmWmkEZC1YI9lFbl-o29HeChDF840DKs


© Moto Yoshikuni 2021 All rights reserved